一人暮らしの賃貸選びのポイント

まずは、一人暮らしの賃貸を選ぶときのポイントを見ていきましょう。ポイントは大きく分けて「エリア・賃料・広さ(間取り)」の3つあります。このポイントをしっかり押さえておけば自分に合った賃貸が見つけやすくなりますよ!

エリアを知ろう

一人暮らしをするために賃貸物件を探す場合に、多くの人が陥りがちな失敗は、人気があるというだけでエリアを決めてしまうというものです。確かに、住みたい街ランキングなどで上位に位置づけられるエリアには、…

賃料を確認しよう

一人暮らしにふさわしい賃貸物件を選ぶ時には、早い時期から希望の地域の平均的なマンションやアパートの賃料の相場を把握することがおすすめです。一人暮らしの学生や会社員をメインターゲットとしている不動産…

広さ・間取りを決めよう

賃貸物件選びは間取りが大切

賃料や立地条件など、賃貸物件選びのポイントは人それぞれ違います。一人暮らしの場合は自分で自由に条件を決められるので、即決してしまう人も少なくないかもしれません。賃貸物件は色々な種類がありますが、後悔しないために熟考しておきたいポイントが、間取りや部屋の広さです。間取りとは部屋の区画や配置を意味しており、生活のしやすさに直結します。家賃が安いからと言って部屋が狭く、間取りが良くない物件に住んでしまった場合、またすぐに引っ越しを繰り返してしまうかもしれません。自分に合った間取りや部屋の広さを考える時は、自宅でどのように過ごすのかをイメージしてみましょう。もし家で筋トレやヨガなどの運動をするのであれば、一定の広さが必要になります。

部屋が広い賃貸物件の特徴

部屋が広く、間取りが良い賃貸物件には、共通の特徴がいくつかあります。まず一つ目は、新しい物件よりも、昔に作られた物件の方が、間取りがすっきりとしているケースが比較的多いことです。一人暮らし向けの新しい賃貸物件は、部屋がコンパクトにまとまっている場合が少なくありません。しかしながら昔に作られた物件は今ほど土地の値段が高くなかったこともあり、一人あたりの居住スペースが広めに設定されているのです。部屋もすっきりとしてますし、所持している物品が多い人に、おすすめだと言えます。また賃貸物件は駅に近い繁華街よりも、住人が少ない郊外の方が部屋が広く、間取りにもゆとりがあります。部屋の広さや間取りを重視する場合は、築年数や場所もチェックしておきましょう。

二人暮らしの賃貸選びのポイント

二人暮らしはいわば共同生活。一人暮らしよりも住むところを決めるのが難しくなってきます。二人暮らしの賃貸を決めるときの主なポイントは「エリア・賃料・広さ」の3つですが、ここでは広さ(間取り)に注目していきたいと思います。二人暮らしによく選ばれているのは2DKと1LDKです。

トップに戻る